エアコン工事業者に依頼するときに心がけるべきこと

エアコンの工事を工事業者に依頼するのは、なかなか緊張するものです。

「どれくらいの金額がかかるのだろう」、「もしも悪徳な業者だったらどうしよう」などなど、いろいろな不安があると思います。

そこでこの記事ではエアコンの取り付け工事や移設工事、取り外し工事をエアコン工事業者に依頼するさいにあたって、心がけておくとよいことを紹介いたします。

まずは工事を依頼するエアコンと取付け現場をしっかりと調べる

エアコンの情報を調べる

取り付けるエアコンを前もって用意できている場合(ネットオークションやネット通販でエアコンを購入したり、人から譲ってもらった場合など)は、まずはそのエアコンの情報をよく調べましょう。

エアコンの情報は室内機下部のラベルに書いてあります。最低でも型番・年式・電圧・製造メーカーなどの情報はしっかりと把握しておきましょう。こういうものが曖昧だと工事業者に依頼するさいにも正確な工事の見積りが出せなくなり、思わぬ追加料金の原因になったりもします。

取付け現場の状況を調べる

現場の状況についても、調べておいたほうがよいです。配管用の貫通穴が空いているのかどうか、また必要な配管パイプのおおよその長さ、室外機の設置方法、配管の化粧カバーの有無、コンセントのかたちなどを確認しておくとよいでしょう。

エアコン工事業者を探そう

ヨドバシカメラやヤマダ電機、ベスト電器などの家電量販店や引っ越し業者などに頼む人も多いですが、これらの業者は基本的に下請けに依頼するだけなので、中間マージンの分だけ料金が高くなってしまいます。そのため自社工事をしているエアコン工事業者をネットなどで探すのがじつはいちばん安上がりです。

料金表をそのまま信じるのは危険

ネットで検索するといろいろな業者がみつかると思いますし、取付けの料金表を掲載しているところも多いです。しかし、ここに掲載している料金だけを参考にエアコン工事業者を選ぶのは危険です。

なぜなら、エアコン工事は追加料金がかかることが多いため、追加料金などを隠して安い料金のみを掲載している悪徳な業者も多いからです。エアコン取付け○○○○円と書いてあっても、工事の当日になって、追加料金で高額な請求をされたというのはよくあることです。

そのため、まずはしっかりと見積りをお願いするのがよいと思います。見積りをしてもらうために、エアコンや取付け場所の情報が必要になるのです。電話のみで見積りをしてくれる業者や直接に来て見積りをしてくれる業者などもありますが、しっかりと追加料金も合わせて見積りを出してくれて、きちんと料金の根拠を説明してくれる工事業者を選ぶとよいです。

事前の見積りや説明にさいして、難しい専門用語ばかりを並べて料金の説明をする業者もありますが、よくわからないときはきちんと説明するようにしましょうね。それで説明が納得いかなければ、他の業者を選んだほうがよいかもしれません。

エアコン工事の当日もしっかりと準備を

工事当日もエアコン工事業者が来る前に、準備をしておいたほうがよいです。できれば、工事当日までに作業スペースの確保のために家具などの移動は済ませておいたほうがよいでしょう。場合によっては、家具の移動は手伝わない業者(家具破損のリスクがあるため)や家具の移動もしてくれても追加料金が発生することも多いです。

また、工事当日も作業開始前に工事業者から料金の説明があるでしょうが、無い場合は念のために確認しておきましょう。ここを怠ると工事完了後に追加請求される恐れもあります。工事前だったら、断ることもできます。もし、高額な追加料金などをいわれたら、工事を断る勇気も大切です。

お茶やお菓子は出すべきか

出さなくても問題ありません。しかし、もし出してくれる場合は、工事の前にさりげなく出しておけば、工事の料金に色をつけてくれる業者もあるかもしれませんね(笑)。もちろんすべての業者がそうだとはいえませんが。

 

関連記事

  1. エアコンの取付工事の料金の相場をお教えします

  2. 賢いエアコンの選び方・買い方とは

  3. エアコンの取り付けを素人ができるのか?プロがお答えします

  4. エアコンの取外し工事の料金の相場とは

  5. 家電量販店などで工事費込みのエアコンを購入する場合のメリット…

  6. エアコンを購入するときに工事費別にして自分で工事業者を探すメ…