エアコンを購入するときに工事費別にして自分で工事業者を探すメリット

エアコンを購入するときにヨドバシカメラやビッグカメラ、ヤマダ電機などの家電量販店では工事費込みになっているものが多いかと思います。

これはエアコンの取り付け工事の料金はサービスになっているという意味ではなく、料金にあらかじめ含んでいますよということで別に安くなってるわけではありません。

それに対して、工事費別とはネットの通販などでエアコンだけを買う、また量販店でも工事費別にして割引してもらうなども交渉次第ではできるようです。

取付けの工事費別のエアコンとは

取り付け工事費別のエアコンは本体代のみで購入できる

先ほど工事費込みのエアコンは、あらかじめエアコンの料金に工事費も含まれているといいましたが、エアコンを購入するときに工事費別にするとエアコンの本体の代金のみで購入することができます。

当然ながら工事費の分だけ安い値段になります。

工事費別だとエアコンを取り付ける業者を自分で探す必要がある

工事費込みのエアコンの場合だと家電量販店が取り付けの業者が下請けの工事業者を選んでエアコンの取り付け工事をしてくれて、その料金はエアコン代のなかに含まれているというかたちです。

それに対して工事費別の場合は、エアコンを取り付けるためのエアコン工事業者を探して依頼しなければなりません。

そして、エアコンの取り付け工事の料金をその工事業者に支払うというかたちになります。

自分でエアコンを取り付けるのはあまりオススメできません

もちろん工事費別のエアコンを購入して、自分でエアコンを取り付けることができれば工事費はいっさいかかりません。

しかし、エアコンの取り付けは専門的な工具が必要になることも多く、それなりに技術を要する工事になっているため、その後の不調や故障するリスクを考えるとあまりオススメできるものではありません。

詳細は次の記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

エアコンを購入するときに工事費別にして自分で工事業者を探すメリットとは

それではいよいよ本題です。どっちみちエアコンの工事業者にエアコン取り付けの料金を支払うのであれば、工事費込みのエアコンを購入するのと同じだから工事費込みのエアコンを買ったほうがよいのではないかと思われるかもしれませんが、工事費別にして自分で工事業者を探すメリットというのはちゃんとあるのです。

取り付け工事の料金が工事費込みのエアコンと比べて安くなることが多い

同じ取り付け工事なのにどうして工事費別で自分で工事業者を探すと安くなるのか。

そのカラクリは仲介料の有無です。

直接に工事業者とやりとりをするのと比べて、工事費込みのエアコンの場合は家電量販店が下請けの工事業者に工事を依頼するため、そこに工事の仲介料が発生することが多いのです。

だから、工事の仲介料がない分だけ工事費別で自分でエアコンの取り付け工事業者を探したほうが取り付け工事の料金が安くなることが多いのです。

追加工事があった場合は、エアコン取り付け込みの場合でも追加料金が発生することが多いです

よく誤解されることがあるのですが、このエアコン取り付け込みというのは、あくまでも標準工事(追加工事がなかった場合)の料金が込みになっているということがほとんどです。

そのため追加工事が必要になった場合は、その分の追加料金が発生してしまいます。

なので追加工事に関しては、取り付け工事込みの場合も取り付け工事別の場合も条件は同じだといえるでしょう。むしろ、家電量販店の下請けの場合は、かなり安く回されていることがあるため、追加料金が発生したら、より上乗せをするような悪質な業者もあるようです。

信頼できるエアコン工事業者を自分で探すことができる

これは探す手間ということを考えるとデメリットとも受け取る方もいらっしゃるのですが、自分でエアコン工事業者を探すので信頼できる業者を選ぶことができます。

取り付け工事込みのエアコンの場合は、家電量販店から下請けに仕事を手配するので、こちらで工事業者を選ぶことができません。問題のない工事業者が多いとは思うのですが、なかには手を抜く業者や技術がおろそかな業者もあり、そのような業者に手配されてしまうということがあります。

自分で探す場合は、事前にやりとりができるため、信頼できる業者を選ぶことができます。この場合は、事前に訪問見積りなどをしっかりと依頼することで、追加工事・追加料金が発生せずにあらかじめ正確な取り付け料金がわかるというのもメリットの一つですね。

エアコンを購入するときに工事費別にして自分で工事業者を探すデメリットとは

もちろんデメリットもあります。先ほどもすこし言及したのですが、信頼できる業者を探せるというのは、逆にいえば探す手間がかかるということです。

また取り付け工事込みの場合は、なかに家電量販店が窓口になって工事業者とのやりとりをしてくれますが、直接に工事を依頼する場合は自らが工事業者とやりとりをしなければなりません。

このあたりの手間が嫌だという場合は、取り付け工事込みのほうがよいということもあるでしょう。

まとめ

簡潔にまとめると以下のようになります。

  • エアコン取り付けの工事費別のエアコンは本体代のみで購入することができる
  • エアコン取り付け工事込みのエアコンは、取り付け工事費がサービスになっているわけではなく、本体に上乗せされた料金になっている
  • 工事費別の場合は、自分でエアコン取り付け業者を探さないといけないが、その分信頼できる業者を探すことができる
  • 工事費別のほうが全体のかかる費用は安くなることが多い(エアコン取り付け込みの場合は家電量販店と下請けの仲介料が上乗せされているため)
  • 取り付け込みの場合でも追加工事の場合は追加料金は発生することがほとんど。
  • 工事費別の場合は、工事業者を探す手間がかかることはデメリット

もし、福岡でエアコンの工事業者を探すときは、私たち平成工業をよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. エアコンの取付工事の料金の相場をお教えします

  2. 賢いエアコンの選び方・買い方とは

  3. エアコンの取外し工事の料金の相場とは

  4. 取付け・取外し・移設など、エアコン工事の前に確認しておくべき…

  5. エアコンの取付など、工事するさいに知っておきたい知識集

  6. プロの工事屋がエアコンの取り付けをDIYですることをあまりオ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。